中央システム株式会社 - 東新宿の方です

【オリエンテーリング部】埼玉2020大会の陣 ~無観客試合~

さあ、行こう

かなり悩みましたが、こういう時だからこそ下を向かないように
タイミングを見計らった6月某日、私、昨年入社1名(リーダー)、新人7名のみで日帰りして来ました。
リスキーな状況なので、今回は勤務(研修)としました。

以前、新入社員研修だった頃のコースとルールで行いました。
ミステリーツアー、私以外は道を知りません、教えません、意地悪です。
道を間違えたら後ろから声をかけて修正。

森の仲間たち?

このイベントの男子たちのくくり名称、つまり扱いが雑です。

レディーファースト
このような男の子活動に女性が来てくれる事に感謝、活動中は常にレディーファーストとします。

オリエンテーリング部「お約束」より

スタート – 武蔵横手駅

武蔵横手駅

全員無事到着しました、遠いところをご苦労様です…
私の挨拶「ここは、このイベントのスタートアップの地です、なので、新人だった頃の先輩たちの生霊が山中を彷徨っています、見守っています

バッジ

今回ピカチュウは自粛しました。
代わりに(?)バッジを作って下さった方がいました、本当にありがとう
職質をうけても、「これですこれ」と言い張れます。

明日から本気出す

割とウケていたのでキーッ!ジェラシーなんだよリーダー。
今日だけ頑張れ(E班 大槻班長)

武蔵横手駅

集合写真を撮って、

武蔵横手駅 スタート

スタートです。

オレの木

と名付けている白樺の木です。

オレの木

10年経ってずいぶん大きくなりました。
毎回「お互い無事でよかった」と挨拶しています。

~北向地蔵

野外学習

ここで、もう1名、飛び入り参加がありました。
道端の植物や昆虫の事を色々教えてくれる親切なおじさま。
日本ミツバチについて講義を受けているわれわれ。

北向地蔵

北向地蔵で休憩です。

~鎌北湖

鎌北湖への山道

山道へ、
さっきまでスローペースだったのに、
野生の本能がそうさせるのか、森の仲間たちが、突然ハイペースに
最後尾の女子と私を置きざりにして、振り向きもしません。
最後尾チーム内で、さんざんディスってやりました
「ガケから落ちればいいのに」「道間違えて群馬まで行ってしまえばいいのに」

鎌北湖で休憩

鎌北湖で休憩です。

~ユガテ

鎌北湖を出発

鎌北湖を後にします(工事中で水が抜かれていました)。

エビカ坂への山道

この辺は、登りがかなり辛いので、

エビカ坂への山道

何も教えないミステリーツアーですが、不憫に思い、
この時、「ここから先は、おおむね下りだから」とリークしました。

引き返して来た

せっかくリークしたのに、その直後に、分岐を間違えて、別の峠を登って行く森の仲間たち…人の話を真面目に聞け。
引き返してくるところ、ニヤニヤするな。

ユガテへの山道

罰として、しばらくリーダーをMさん(女子)と交代。

ユガテ

ユガテに到着しました、晴れてきました。

~東吾野駅

東吾野駅への山道

この辺で、ヒザが本格的に痛くなってきました。
5年前は、同じ道を、ステッキ無しで小走りで降りたのに…そうそれが老化。

東吾野駅

駅のベンチで昼食後に記念撮影。

~県道53号線

舗装路ですが、もう一山超えます。
日差しが強くなってきました、暑いああ暑い

日傘

日傘をさす女子、正しい、自分も買おう。

山頂

頂上で休憩中、暑いああ暑い

遊んでいる

なのに遊んでいるのがすごい。

ゴール – 某所

危険な暑さになってきたのと、
私以外にも足を痛めた方がいたので、
日帰りだし、無理をせずに、某所をゴールとしました。

ゴール

お疲れ様でした。

帰りはLaview

Laview

イベントとしては、色々な意味で激しくダウングレードしたので、
「せめて…」と。

夕食会

ささやかな打ち上げを行いました。
画像などの掲載は自粛します。

最後に

若者と私のみだったので、不安がありましたが、
何の問題も無く成功でした、満点です、私の方が勇気と元気をもらいました。
やはり若者は素敵です。

しかし、6月下旬開催は無茶でした、日差しの(暑さの)レベルが違います。
やはり、恒例の時期4月や11月が良いです。

個人的には、
健康と体力の指標になるので、お荷物になるまでは歩き続けるつもりですが、
色々対策しないとなあ、です。

今秋、全員で、泊まりで、大騒ぎ出来ますように、と祈っています。