中央システム株式会社

中央システム株式会社

先輩の声

未経験も受け入れてくれる
「懐の広い」会社です。

2013年入社

システムソリューション部
システムエンジニア坂田 光さん

IT知識ゼロからの挑戦を応援してくれる社風と制度

中央システムに入った一番のきっかけは、社長と面接でお話しした際、色々なことをざっくばらんにお話しいただけたことです。文系出身だったこともあってIT業界を志望することに若干の不安がありましたが、社長と抱えている不安や将来のなりたい自分について直接話ができたことで、中央システムで頑張ってみようと決意しました。

他の同期入社が全員理系大学やIT系の専門学校出身だったこともあって、周囲と差がある状態でのスタートでした。 しかし、新人研修でプログラムの基礎から丁寧に教えていただけたこともあって、修了するころには最初の差を埋めることができました。

現在はお客様先に常駐して、Webアプリケーションの開発を行っています。最近では中核となる部分を開発する機会も増えており、難しさがある分、自分で考えてアプリを組み上げていく楽しさも感じています。また、私が作ったものをお客様が動かした際に、「すごい!」と喜んでいただけたことが印象に残っています。

ITシステムの企画から開発まで、全て主導で行いたい。

現在私が関わっているのは、あくまでもシステムのほんの僅かな部分でしかありません。それでもある程度は自分の考えで進めることができているので、そこに楽しさを感じているのも事実です。もし、システム全体に渡って自らの考えで構築することができたら、きっと今以上に楽しいに違いありません。

一方で、自分の主導でシステムを作り上げたいと言っても、一人で好き勝手にやっていいというわけではありません。一つのシステムを作り上げる過程には、たくさんの人々が関わり、協力し合う必要がありますので、チームをまとめていけるような存在にもなりたいです。

後輩へのメッセージ

IT業界は専門知識がものを言う世界なので、覚えることや勉強することも多く、特に文系出身の方々は敷居の高さを感じることもあるかと思います。ですがそれは、努力次第で必ず乗り越えられます。重要なのは「やってみたい!つくってみたい!」という好奇心と本人のやる気です。

そして中央システムには、社員それぞれのやる気を後押ししてくれる制度と、社長をはじめベテラン・中堅・若手が立場を超えて悩みや目標を共有できる社風があります。 少しでもITのお仕事に興味があるなら、私たちと一緒に挑戦してみませんか?

ある日の一日スケジュール

坂田さんのある日のSEとしてのスケジュールです。

9:00

メールチェックと業務確認

お客様先へ出社。朝会でその日の予定を確認します。

10:00

成果物の打合せ

前日までに作成した成果物(設計書やコード)を直接お客様にお見せし、製品として問題がないかどうか確認していただきます。ITシステムの詳細な知識をお持ちでないお客様にも理解いただけるよう、説明には工夫を凝らさなければなりません。エンジニアとしての腕の見せ所です。

その後、所属チーム内で各担当ごとに、前日の作業状況及び、当日の作業予定を共有します。ここで作業するにあたり課題、リスク等についても共有します。

11:30

昼休み

お客様先の食堂で昼食をとります。おいしい食事で、午後の業務へのモチベーションを高めます。

12:30

設計、コーディング等

ここからしばらくは、自分の業務に集中する時間です。作成するのは主にシステムの設計書やプログラムのコードになります。どうすればお客様にとって最も良いものができるのか、本やネットで調べたり上司と相談したりしつつ、自分で考えて作り上げていきます。考えることも多いですが、その分楽しさもあります。

17:45

業務まとめ

一日の作業内容をまとめて、報告書を作成します。作業を振り返ることで、課題や改善策が見えてくることもあります。自分の作業効率を向上させるためにも、振り返りは非常に重要な意味を持っています。

18:00

業務終了

翌日の予定を確認したら、業務は終了です。私の場合、業務終了後の時間は、趣味に使うことが多いです。

特に野球が好きなので、球場に足を運んだり、ストレス解消も兼ねてバッティングセンターに通ったりしています。

新卒・キャリア採用のご応募

一緒に成長していける仲間を募集しています。
教育体制と制度があるので、未経験者でもお気軽にご応募ください。

It's your turn!