中央システム株式会社 - 東新宿の方です

映画刀剣乱舞-継承

一月に上映され、話題となった映画が、BluRay化されました。買わない訳はない(笑)。
詳しく話してネタバレしてしまったら面白くないので、できるだけしないように紹介したいと思います。

あらすじ

とある本丸で、審神者は三日月宗近に一つの命をくだす。それは、本能寺の変に時間遡行軍が関与するのを阻止すること。明智光秀を殺し、信長を死なせない…そのような歴史的修正の阻止に乗り出したのは、三日月宗近を隊長とした、山姥切国広、薬研藤四郎、へし切長谷部、日本号、不動行光の6振り。彼等は無事、命を果たし、本丸に。そこには留守居役の鶯丸の他に、骨喰藤四郎が顕現されていた。
最近の本丸は、皆が出陣ばかり。戻ったもの達はほっと息を着いたのだが、すぐさま新しい命が。何故か本能寺の変で死んだはずの信長が生きているという。今回は不動の変わりに骨喰を加えた6振りで急行する。
確かに信長は生きていた。彼等は力を合わせ、信長を暗殺しなくてはならない。だが、何故か不審な動きをする三日月。秀吉のもとに向かった時間遡行軍を倒すためにへし切長谷部と日本号は隊から離れ…。彼らは無事に命を果たし、本丸へと戻れるのか。
更に、その本丸でも今まさに異変が起ころうとしていた…。

今回は舞台

刀剣乱舞のステージは2種類あります。舞台刀剣乱舞と、ミュージカル刀剣乱舞。似ていて全く異なります。何がどう違うか…は、歌などもあるけど、芝居をじっくり観せるのが舞台、歌やダンスありで、最後にショーまでするのがミュージカル…ざっくりとはこの違いです。出陣する刀剣男士も、重なるのは数振り…ですが、それぞれ違うのです。あくまで舞台とミュージカルでは違う本丸なんだ、という佇まい。刀剣乱舞だからできる話ですが(笑)。今回の映画刀剣乱舞は舞台のほうのキャストになっています。鶯丸が役者さん変わりましたけど。ちなみに紅白歌合戦に出たのはミュージカルのほうですね。
…ミュージカルのメンバーでも見てみたいですが。

脚本家・小林靖子さん

知った時にはえっ( ⓛ ω ⓛ *)、となりました、特撮ヲタク(笑)。
仮面ライダー電王、オーズ、アマゾンズ、侍戦隊シンケンジャー、特命戦隊ゴーバスターズ、烈車戦隊トッキュウジャーなどなど…メイン脚本家で大活躍。シンケンジャーは、ファンが選ぶ平成戦隊人気投票で一位…デスヨネー。ちなみに二位がルパパト…。四位に烈車戦隊トッキュウジャーが入り、女性脚本家人気高い…。ルパパトは香村さんですからね。
そん小林さんが脚本…。楽しみと不安で大騒ぎだった、審神者兼特撮ヲタクたち。楽しみなのは、面白い作品は必ず作るよね、という事。特に侍好きは有名で、趣味と実益を兼ねたようなシンケンジャーは、最後まで面白かったですし。ただ…登場人物が…誰かが折れても驚かないよね、って展開になりそうな、そんな不安も。シンケンジャーでは、大どんでん返しで、ラスト数話で主役であるシンケンレッドはその座を追われたし、ゴーバスターズでは、目的であった主人公達の大切な人は取り戻せず(…ていう前提があったら、ルパパトね結末が分かるまで怖かった…)、更に仲間を失うし。オーズも主役は色々追い詰められてましたからね。
さて、今回はどうなるか、と。

『色んな意味で特撮だった』

試写会をみた友人の感想(笑)。一体どんなものかと思いましたが…、映画館で見て納得。
特撮…スーパー戦隊的なお作法がてんこ盛り(笑)。
BluRayも、そういった意味で見直すと、ああ、このお作法を使ってるのね、と改めて分かる気がします。

みんなが知る歴史的事件だから

本能寺の変は、誰もが知る歴史的事件です。大河ドラマでも相当取り上げられている話です。だからこそ、難しい。色々描き尽くされた中で、一体どのように描かれるのか。と、ドキドキしていたら、主役が『刀』ゆえの視点で描かれていて、ああ、こういう説もあり、だなぁと個人的に思いました。そこに行くまでの展開がまた色々とあったり…。今回信長が山本耕史さん、秀吉が八嶋智人さんでしたが、お二人とも芝居の上手さは分かってましたが、それぞれの個性も生かされていてほんとうに凄かった…こういう奴だよね、秀吉って…。

とにかくオススメ

時代劇的にも迫力ありました。殺陣とかとても頑張ってました。背景も含めて美しかったし。
また、本能寺の変を扱い、歴史的展開を見せながらも、裏では彼らの本丸には…のような展開が裏ではあり、それがまた色々と効いているのがにくい(笑)。とにかく一度見てください、みたいなお話です。三連休が多い今年、家でじっくりとご覧ください。

おまけ

映画を見る前に、映画刀剣乱舞の展覧会を見てきました。こちらもとても楽しかったです。


が。
東京ドームシティなんて場所でやってまして。


お隣がシアターGロッソ…。一月…ファイナル公演間近で、別の意味で発狂してました…。ちょうどクライマックス間近で毎週ドキドキしてたし…。


色々わすられない作品になりました(笑)。

おまけ2

今回、小林靖子さんで大好評でしたので、映画第二弾もあるんじゃなかろうか…なんて期待も。靖子さん続投もいいのですが、…香村さんならどう描くかというのも見てみたい、です。特撮ヲタク的に。
あと、今回の映画、確かに殺陣良かったのですが、ルパパトのカメラワークとかでも見てみたいから…杉原監督で見てみたい…なぁとか、色々夢が膨らみそう(笑)。。