中央システム株式会社 - 東新宿の方です

極主夫道

最近ちょっと難しい本ばかりだったので、たまには軽いものを。
タイトルとか見た目は確かに危険な香りはしますが、内容はとてもハートフルコメディだったりします(笑)。
今まで私がレビューしてきた本からはちょっと風味が違う感じがしますが、こういうの、意外と嫌いじゃないのです。

どんなお話?

かつて、極道に伝説の男がいた。「不死身の龍」と呼ばれた男は1日で対立する組をいくつも潰してきたなどといったエピソードてんこ盛りのその男は、突如行方が分からなくなってしまった。
一体どこへ…実は結婚し主夫となっていたのだ。
そんな「不死身の龍」の主夫生活、ご近所さんやかつての仲間やライバルなどとのほのぼの?でハートフル?な日常の物語です。

ギャップがすごい

原作ではまだ描かれていないので、どんないきさつで嫁と結婚したのかわからなかったりするのですが、彼女は一般的なキャリアウーマンで、デザイナーをしています。「ポリキュア」(?!)をこよなく愛し、家事が壊滅的にできない彼女が外で働き、元極道の旦那が家事をこなす…それだけでもギャップがありますが、そのギャップが半端ない(笑)のです。ショートストーリ仕立てなのですが、中から私のお気に入りの話をいくつか。

キャラ弁つくるよ

1巻の第1話から、とにかくインパクトが強かった…。いかにも極道っていう顔の主人公の身支度も、着る服から、そこから覗く入れ墨から、もうこれはそういう系の話??と思うのに、その後は卵を溶いて厚焼きに焼いて、ドスで起用にその厚焼き玉子を切り…可愛い動物のお顔に盛ったご飯の脇に乗せるのです。
しかも、完成した後は写メを撮ったり。そのお弁当は仕事に行く奥様のためのものなのですが、朝いちで重要な会議があったらしく、彼女はお弁当を忘れて出かけてしまいます。慌てて追いかける龍さん。お弁当に蓋(ポリキュアデザイン(笑))をして、ジッ〇ロッ〇に入れて、それを愛用のジェラルミンケースに保管(笑)し、マッマチャリでおいかけていく、が…しかし、まあ当たり前ですが、職質にあってしまうのでした。

ハーブを育てるよ

今は足を洗ったけれど、やっぱり警察には目をつけられている。今日も今日とてお巡りさんが監視していると、ベランダでなにやら植物を栽培している。しかもその葉を袋詰めし、昔の仲間のようなチンピラにそれを渡すところまで確認。
喫茶店に入るのを確認し、中に突入すると。…近所の婦人会会長のお誕生日会が繰り広げられていた。ちなみにチンピラに渡したのは、ハーブの葉。セージとかパスタ料理などにつかってね、とおすそ分けしたものでした…。

時にはほっこり

まあギャグマンガなので、オチまで最高に面白いのですが、時にはほのぼのできたりするのも、おススメです。
龍さんの誕生日のおいわいをするために、家事が苦手な嫁さんと舎弟(笑)が一生懸命頑張ったり(結局本人がバースデーケーキ作ってましたが)。
会いに来た組長の犬の為に主婦仲間とあれこれしてるのをみて、組長がとある組織へのスカウト話をするために来たのをやめたり…。それまでのギャグっぽさから、今の生活を壊したらいけない、と組長が思う所はちょっとじんわりきました。

ドラマ化決定

10月から地上波でドラマ化するそうです。…正気か?と思いましたけど(笑)。
主演は玉木宏さん…。そうですか…。
いや、ちょっと物腰が柔らかいかなあと思いますが、そこは俳優さんだから、なんとかするでしょう(笑)。嫁さんは川口春奈さんだそうで。麒麟が来るの帰蝶、よいですよね~。チャンスの神様つかんだ感じで、前から密かに応援していた身としては嬉しいです。どんな感じだろう…。

https://www.ytv.co.jp/gokushufudo/

でも、実写化…すでに、あまりにも似合いすぎる動画が配信されているので、そっちと比べちゃいそうだなあ…。
声優の津田健次郎さんのこだわりぬいた動画…。爆笑ものですので是非。